FC2ブログ

Photo Gallery

幕がはねた後も、しばらく興奮が冷めなかった。
昨日、久々にテントで芝居を見た。

ドキュメンタリーを作って、いつも現実を直視している僕は、
実はこういう夢幻の世界に強く惹かれてもいるのだと、改めて感じさせられた。

学生の頃に出会って魅了された、

唐十郎という、演劇界で奇異に瞬く巨星の放つ光に、久々に撃たれた思いだった。

噴水、池、川、・・・玄界灘、そして、・・・トイレまで 
唐にとって、水をたたえる場所は、舞台と異空間をつなぐ回廊だ。

今回のお芝居。

舞台上手に作られた噴水から、役者が次々に出てきたとき、
僕はヤンヤの拍手を送った。

ずぶ濡れになって舞台に立つ役者、それは胎内の羊水に浸っていた赤子のようでもある。
激しいセリフの応酬。

そして怪しい女優が放つ危険極まりない甘い「罠」

毒性のあるというスイートピー(甘い豆)を、あえて齧り
得体の知れない力に突き動かされて、破滅に向かう主人公。

「君の名は」と女の名前を聞けば、
「袖を振られる」 と、わかっていながら・・・。

いや、面白いです!

脚本を書いたのは、以前このブログでも紹介した、劇団ドガドガ+の望月六郎さん。
http://odinprod.blog.fc2.com/blog-entry-234.html
劇団唐ゼミとドガドガのコラボ公演でした。

それにしても、望月さんは本当に唐十郎を愛しているのだなと心から感じる芝居でした。
初めて唐ゼミのために書き下ろした脚本とは思えない。
嬉しくなってしまったのと同時に、

青春時代に出会った芝居に、また出会えたようで、泣きそうになりました。

役者もみんな素晴らしかった。
ドガドガから乗り込んでいた、丸山さん。 よかったです。
そして唐ゼミの青テントは、うら若い女の子宮から、成熟した妖しい女の子宮に成長していくのだと確信しました。

唐ゼミ 青テント

スポンサーサイト



WHAT'S NEW?